# 不動産マーケット # 不動産購入
2021.12.032021.12.03

マイホームをお得に買う マンション1階のメリットデメリット【お宝物件研究】

はじめに

マイホームを検討する際に、マンションの1階はちょっと・・・と敬遠される方いらっしゃいますよね。マンションに住むなら、日当たりや、防犯の面を考えて中層階以上、何ならタワーマンションの高層階がいいなという方も多いと思います。でもちょっと待って!マンションの1階にはメリットもいっぱい。比較的安く売りに出ることも多く、お得なお宝物件の可能性も高いです。ぜひメリットを理解して、検討内にいれてみてはいかがでしょうか。

本編

デメリット①眺望・プライバシー

まずマンションの1階のデメリットをお伝えさせて頂きます。デメリットの1点目は、眺望が悪いという事です。タワーマンションの高層階等は一戸建てでは得られない開放感や爽快感がありますが、マンションの1階の場合は一戸建てと同じような目線になりますので、マンション特有の眺望はゼロになりますよね。眺めと言う点では、1階のお部屋だと逆に歩行者から室内が見えてしまうというデメリットもあります。これはロケーションによるので、1階でもプライバシーが守られている作りになっている場合もあります。

デメリット②日当たり

デメリットの2点目は陽当りです。マンションの場合は高層階になればなるほど陽当りをさえぎられる建物が無くなりますので、1階の場合は、周りの建物の影に入ってしまいやすく、陽当りが悪くなる傾向があります。けどこちらも、1階だからダメ、2階ならOKと言う事ではなく、1階でも陽当りが良いお部屋もありますし、2階でも陽当りが悪い物件もあります。そもそもバルコニーの向きによってしまうという事もあります。1階だからダメと言う事ではないので、実際に内見をして陽当りを確認して、意外と陽当りが良ければお宝物件の可能性はあると思いますね。

メリット①生活音が気になりにくい

対して、マンションの1階物件のメリットですが、実は1階のお部屋のメリットは結構あるんです。

まず1点目は、生活音を気にしなくてよい。という点です。マンションは共同住宅ですので、上下階に別の世帯が住んでいますよね。そこでトラブルになりやすいのが音の問題です。特に小さいお子様がいらっしゃる方であれば、下の階の方を気遣いながら生活する事ってちょっと子供達かわいそうですよね。1階の物件であれば、特殊なケースを除いて下にお部屋が無いですから、子供達は元気いっぱい室内を走り回れます。下の階を気にしなくてよいって事ですよね。

メリット②震災時に強い

メリットの2点目は震災時に強いという事です。大地震や電気系統のトラブルなどでエレベータが使えなくなった場合に、1階であれば問題なく出入りや生活が出来ますよね。実際タワーマンションのエレベーターが止まってしまって、10階、20階に住んでいる方が孤立してしまったという事態はぽつぽつ発生していますよね。今後30年以内にマグニチュード7程度の首都直下型地震が発生する確率は70%と言われておりますし、実際タワーマンションでも低層階がいいんだ!なんていうお客様もいらっしゃいます。そういう面では1階のお部屋ならではの安心感はあるかもしれませんね。

メリット③専用庭

メリットの3点目が専用庭があるケースがある。と言う事です。1階のお部屋だけに与えられた特権のようなものですね。都心ですと庭付きの一戸建てに住むには相当な資金が必要になりますが、マンションの1階ですと、専用庭がついているケースが少なくないので、都心在住で予算内で一番庭が手に入りやすいのがマンションの1階を買う事だと思います。ペットを飼ってらっしゃる方は放し飼いにされる方もいらっしゃいますし、家庭菜園を作られる方もらっしゃいます。ビニールプールを出して子供と水遊びなどもいいですね。これはマンション1階ならではの特権だと思います。もちろんすべての1階物件に専用庭があるわけではないのですが、探してみると専用庭がある物件は以外と多いです。

メリット④安い

してメリットの4点目が価格が安いという事です。通常の2階以上のお部屋と比べて、現場の肌感覚ですと5%から10%安いのではないでしょうか?

このようにマンションの1階は確かに眺望が望めないですが、意外とメリットも沢山あります。1階だからと候補から外さずに、検討して頂ければお宝物件が見つかる場合がありますので、チェックしてみてくださいね!

関連動画