# 住宅ローン
2022.05.302022.05.30

【住宅ローン】仮審査OKで本審査NGの理由!

はじめに

住宅購入するとき住宅ローンの事前審査を行って問題なかったのに、契約後の本審査でNGになってしまうケースがあります。ネット銀行では特に起こりやすいので注意が必要ですが、一般の金融機関で落とされる理由は大きく3つ。この3点に注意して住宅ローンの審査に臨みましょう。

本編

住宅ローンの2段階審査

住宅ローンの審査は仮審査、本審査と二段階で進める金融機関が多くて、仮審査は売買契約前に行う簡易審査、本審査は売買契約後に行う厳密な審査ということになります。仮審査が通ると殆どの金融機関では本審査もほぼ通るのですが、一部のネット系の金融機関だと仮審査の精度が低いので、仮審査通ったからと言って本審査が通るとは限らない。と別の動画でパトロールさせて頂きました。
殆どの金融機関は仮審査が通れば本審査も通るはずなのですが、その中でもこれをやってしまうと本審査で否決されるかもしれないポイントをご紹介させて頂きます。

本審査で落とされるポイント①借入・ローン

まず1点目は新たな借り入れです。仮審査を通してから本審査を通す前に、車のオートローンや、ショッピングローン、分割払いなどの新たな借り入れをしてしまいますと、本審査が通らなくなる場合があります。銀行さんは個人信用情報という借入履歴をチェックしております。
マイホームを買われるとお車も買われる方とても多いのですが、マイホームのローンがおりてから車のローンを組むようにしてくださいね。

本審査で落とされるポイント②転職・独立

ポイントの2つ目が転職です。マイホームの購入と同時期に転職や独立などを考えている方は、本審査の際に金融機関が会社に在籍確認の電話を入れることがあります。その際に「〇〇は退職しました。」と言われたら当然ローンは通らないですよね。
転職や独立はマイホームのローンが降りてから。確実なのはローンが融資されてからにした方が良いと思います。

本審査で落とされるポイント③団体信用生命保険

ポイントの3点目は団信です。団体信用生命保険ですね。これは仮審査から本審査までの間にやってはいけない事という事では無いのですが、過去に大きな病気や手術をされているかた、現在持病があり、通院、治療、投薬を受けている場合は、本審査が通らない場合があります。収入もOK、物件の担保評価もOKだとしても、団体信用生命保険に加入出来ないとローンの本審査はおりません。
団信の審査は仮審査では行わないので、病気の面で心配な方は、あらかじめ仮審査の時に団体信用生命保険保険の審査をしていただくように不動産屋さんか金融機関の窓口の方に伝えておくと良いと思いますよ!

関連動画